HOME > ブログ > アーカイブ > 2016年7月

ブログ 2016年7月

連日保護者面談をしています。

一橋ゼミナールの面談は、基本3者面談です。

保護者様は、やる気があって燃えている方が多いです。当塾の保護者様は。

でも、生徒は?っていうと性格はいい子が多いですが、その分勉強もいい子で終わっている場合が多いですね。

多くの塾生が『わかっているつもり。』で終わっているのです。 根性を出して徹底的にまではいっていないですね。
 

ただこの状態は危険で、この中途半端な状態はどちらにも転がりやすいのです。

放置すれば、学力も中途半端になりだらだらと成績は下がってゆくことが予想できます。
 

ここで塾の出番です。 もう一歩進んで隅々までしっかりやれば、学力は磐石なものになるのです。

こういう境目にいる生徒って多いと思います。
 

夏休みはこういう状態にある生徒を目覚めさせ、得意科目を作るいいチャンスです。

苦手科目はめんどくさがって後回しにせず、こまめに弱点つぶしをしてゆけば 2学期の定期テストではロケットスタートできるのです。
 

例えば数学が苦手な生徒に多いのは、分数の式の計算・小数の式の計算が完全に理解できていない生徒です。

このような場合、自分でもどこが違うのか、なぜ違うのか、どうしたらいいのか解らない生徒が多いものです。

この辺の基礎基本をやり直すのは夏期講習会だからこそできるのです。 普段は時間が取れなくてなかなかここまではできません。
 

基本の見直しは、遠回りのようで最短距離です。

 

夏期講習会、若干の空きがあります。
お申し込みはこちらからどうぞ。


夏期講習会で最短で成績急上昇の勉強方法を身につける。

40日で納得の学力をゲットする夏期講習会

一橋ゼミナールでは学力を最短時間で最高に伸ばすための工夫がいくつもあります。

①準備に十分の時間をかけます。


②ほかの生徒たちよりも少し早く夏期講習会に入ってゆきます。


③夏休みに入るころにはトップスピードの速さで学習しています。


④圧倒的な学習量で地力がつきます。


7月は夏期講習会が始まります。

夏期講習会は、学習量の最大化を目指し時間割を組んでゆきます。
ライバルの2倍の学習量で3倍の成績アップを狙います。
 

充実した夏期講習会にするために

①生徒たちがどれだけ必死になって問題を解いたかで学力の伸びは違ってきます。
ただ、無駄のない学習環境(何をどのようにどれくらい)を提供するのが塾の役目です。 小さな基本の積み重ねが大きな差となって結果に表れます。
 

②費用のかかる合宿は行わず、ひたすら塾に籠って勉強します。地味ですが最も成績が上がります。
 

③部活(試合や合宿)等で、休む日がある方には、7月1日から夏期講習会を先行して実施します。
 

都立高校受検合格実績に裏付けられた夏期講習会です。

毎年ほぼ全員合が学力(偏差値)を伸ばしております。安心してお任せください。
 

勉強時間数と学力は比例する傾向にあります。
ただ、その比例の度合いをどれくらい高めてゆくのかが塾で夏期講習を受ける価値につながってゆきます。ここでどのくらいの成績が伸びるのかが異なってきます。
 

過去の先輩受験生たちの実績を基に改良を積み重ねてきた夏期講習会です。
今何をすべきなのか?
しっかりと計画を立て、勉強(授業)時間数を最大限に伸ばせるよう、さらに学力を最大限伸ばせるよう工夫しています。
 

夏期講習会の詳細は、別途お問合せ下さい。

 

都立高校人気は、しばらく続くでしょう。なぜなら、授業料等の学費の安さに加え進学実績も順調に伸びてきております。都立高校の大学進学に対する取り組みも評価されています。

3人に1人は都立高校に入れない現実を忘れないようにしましょう。
(平成26年度27年度都立高校入試最終倍率は約1.50倍)


1

« 2016年5月 | メインページ | アーカイブ | 2016年8月 »

このページのトップへ