HOME > ブログ > アーカイブ > 日々の活動

ブログ 日々の活動

定期テストの点数・模擬テストの偏差値を上げる方法、 その最適解があります。

夏期講習会を挟んで7月末と8月末の模擬テストの結果を比較すると
最大で5科目の偏差値で+11上がりました。

科目別でみると英語の偏差値が+12上がりました。

全体では、偏差値は+4.3でした。

私は塾生には全員の偏差値を+5上げると約束したので、
この約束が達成できなかったのは残念でなりません。

最後の1ピースの詰めが甘かったのかもしれません。

9月の”W模試”の結果も一部の生徒が持ってきましたが、
やはり偏差値は5科目で+8ほど上がっていました。
英語は100点でした。

夏期講習会の成果はそれなりに出たと安心しました。

生徒が相手ですので、機械ではなく生身の人間を相手に指導しますので
予測できない面もありますが、ほぼ再現性のある勉強方法が出来上がったと
考えています。

普通の生徒(偏差値55程度)でしたら、比較的短時間で成績を伸ばすことができます。

中学の3年間は短いので、自分で試行錯誤をするよりも
当塾の勉強方法を真似て、さらに盗むくらいのほうが勉強の効率は上がります。

ぜひ、この実績のある勉強方法をあなたも取り入れてください。

志望校の設定方法

一般の生徒の皆様は、自分だったらここかな、?この程度の高校かな?
という感じで、現状の成績や学力で志望校を決めませんか?

現状の延長線上に志望校を設定すれば、確かに安心です。

リスクをとることもないですし、他人からの批判や言い訳もしやすくなります。
ある意味楽な生活です。

しかし、自分の進化はありません。現状の延長線上にしか未来はありません。
新しい世界を切り開くことはいつまでたってもできません。

流通・小売り業界の常識を次々覆したあの『鈴木』氏に倣うならば
現状は全く関係なく理想とする未来を設定し、未来から見た現在を設定することが
本当の目標設定です。

偏差値50の生徒が偏差値70の志望校を目標設定するのです。

誰でも自分が可愛いですから恐怖心や怖さや言い訳が出てくるでしょう。

しかし、これを現実にしてゆく体験をしてこそ、現状を乗り越える体験をしてこそ
自分が向上できるのです。

今、この体験をすればこれからの人生は大きく開けます。

言い訳ばかりして現状の延長線上で志望校の選択をするだけならば、
いつまでたっても自己正当化の言い訳の人生が続くだけです。

未来を切り開く目標設定をしてください。

言い訳を封印し、行動し現状を乗り越える小さな一歩の連続が未来を切り開きます。

言い訳ばかりの人生を歩むと人を批判ばかりする人間になってしまいます。
批判しても自分の向上はありません。

あなたには批判を受ける側の人間になってもらいたいです。

挑戦す価値のある目標設定をして、自分の未来を切り開き勝ち取ってください。

今、決めるのです。


連日保護者面談をしています。

一橋ゼミナールの面談は、基本3者面談です。

保護者様は、やる気があって燃えている方が多いです。当塾の保護者様は。

でも、生徒は?っていうと性格はいい子が多いですが、その分勉強もいい子で終わっている場合が多いですね。

多くの塾生が『わかっているつもり。』で終わっているのです。 根性を出して徹底的にまではいっていないですね。
 

ただこの状態は危険で、この中途半端な状態はどちらにも転がりやすいのです。

放置すれば、学力も中途半端になりだらだらと成績は下がってゆくことが予想できます。
 

ここで塾の出番です。 もう一歩進んで隅々までしっかりやれば、学力は磐石なものになるのです。

こういう境目にいる生徒って多いと思います。
 

夏休みはこういう状態にある生徒を目覚めさせ、得意科目を作るいいチャンスです。

苦手科目はめんどくさがって後回しにせず、こまめに弱点つぶしをしてゆけば 2学期の定期テストではロケットスタートできるのです。
 

例えば数学が苦手な生徒に多いのは、分数の式の計算・小数の式の計算が完全に理解できていない生徒です。

このような場合、自分でもどこが違うのか、なぜ違うのか、どうしたらいいのか解らない生徒が多いものです。

この辺の基礎基本をやり直すのは夏期講習会だからこそできるのです。 普段は時間が取れなくてなかなかここまではできません。
 

基本の見直しは、遠回りのようで最短距離です。

 

夏期講習会、若干の空きがあります。
お申し込みはこちらからどうぞ。


夏期講習会で最短で成績急上昇の勉強方法を身につける。

40日で納得の学力をゲットする夏期講習会

一橋ゼミナールでは学力を最短時間で最高に伸ばすための工夫がいくつもあります。

①準備に十分の時間をかけます。


②ほかの生徒たちよりも少し早く夏期講習会に入ってゆきます。


③夏休みに入るころにはトップスピードの速さで学習しています。


④圧倒的な学習量で地力がつきます。


7月は夏期講習会が始まります。

夏期講習会は、学習量の最大化を目指し時間割を組んでゆきます。
ライバルの2倍の学習量で3倍の成績アップを狙います。
 

充実した夏期講習会にするために

①生徒たちがどれだけ必死になって問題を解いたかで学力の伸びは違ってきます。
ただ、無駄のない学習環境(何をどのようにどれくらい)を提供するのが塾の役目です。 小さな基本の積み重ねが大きな差となって結果に表れます。
 

②費用のかかる合宿は行わず、ひたすら塾に籠って勉強します。地味ですが最も成績が上がります。
 

③部活(試合や合宿)等で、休む日がある方には、7月1日から夏期講習会を先行して実施します。
 

都立高校受検合格実績に裏付けられた夏期講習会です。

毎年ほぼ全員合が学力(偏差値)を伸ばしております。安心してお任せください。
 

勉強時間数と学力は比例する傾向にあります。
ただ、その比例の度合いをどれくらい高めてゆくのかが塾で夏期講習を受ける価値につながってゆきます。ここでどのくらいの成績が伸びるのかが異なってきます。
 

過去の先輩受験生たちの実績を基に改良を積み重ねてきた夏期講習会です。
今何をすべきなのか?
しっかりと計画を立て、勉強(授業)時間数を最大限に伸ばせるよう、さらに学力を最大限伸ばせるよう工夫しています。
 

夏期講習会の詳細は、別途お問合せ下さい。

 

都立高校人気は、しばらく続くでしょう。なぜなら、授業料等の学費の安さに加え進学実績も順調に伸びてきております。都立高校の大学進学に対する取り組みも評価されています。

3人に1人は都立高校に入れない現実を忘れないようにしましょう。
(平成26年度27年度都立高校入試最終倍率は約1.50倍)


2016年度夏期講習が7月20日(水)からスタートします!~集中講座を有効活用しよう~

2016年夏期講習会が7月20日(火)からスタートします。
この夏休みの集中講座を有効活用しましょう。

今週は保護者面談を毎日やっています。

卒業式も終わり、今週末には終業式もあります。
来週からは春休みですが、実はこの時期は今学年の見直しと来年度への計画という点て大変重要です。

小学生や中学生はまだまだ子供で、何もわかっていない生徒が大半です。
”へ理屈だけは一人前に言いますが” 笑

保護者の皆様が大本だけはしっかりとお子様を管理をしてあげてもらいたいと考えています。

共働きでお子様の管理が行き届かないと感じながら日々お仕事に励んでおられる方も多いと思います。

小学生の時の習慣や心構え考え方の形成はとても重要です。

少し前は本屋さんにも『学力の・・・・』という本が平積みされていましたが、
教育にはお金がかかりますが、かける価値のあるものです。

私の保護者面談では、学習・勉強よりもさらに踏み込んだお話をしています。


新サイト稼働を始めました。

平成28年3月24日(木)
新規サイトが稼働を始めました。
このサイトを起点に情報発信をして行きます。

渡邊

1

« 合格実績 | メインページ | アーカイブ | 日常の生活での意見 »

このページのトップへ